スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
里帰り
2008-01-12 Sat 22:28
今日は、ぼたんの生まれたブリーダさんの家に遊びに行きました。
あやちゃんの姉妹とも会うことができました。


CIMG1279.jpg




ぼたんと初めてブリーダさんで会ったのが2003年12月21日です。
その時の写真です。今、見ると可愛いのか、可愛くないのか今とかなり顔が変わっている様な気がします





DSC02437.jpg





他の子達はどこで生活しているのだろう?



茶色の色がぼたんです。  



ぼたんは他の子に比べてとても臆病でした。部屋の隅から尻尾を丸めて背中を向けてプルプル震えていました。声を掛けると余計ブルブル振るえ、他の子は我さきにと尻尾振って寄って来るのですが。。。
なぜか気になり決めちゃいました。。。

DSC02440.jpg




実は・・・

ぼたんと出会う前に別のブリーダーさんからお迎え予定の子がいました。
まだ生後30日位で、ママと姉妹と一緒にいました。

私の頭の中でお迎えするなら60日過ぎてからと思い無理を言ってお迎えを延ばして頂いていました。
姉妹の中で一番元気で尻尾ふりりしていました。毎週会いに行きました。
来週お迎えという時に明らかに様子がおかしかったのです。震えて元気が無く、下痢をしていて、ママ犬の傍を離れないのです。ブリーダーさんに、何か様子がおかしい具合が悪そうな気がするとお話しましたが、子犬だからその時々で違うと、言われ気になりながら帰りました。

ところが。。  お迎えする3日前に電話があり、朝亡くなっていたそうで、別の子にしてほしいと連絡がきました。どうしてなの・・・涙が出て止まりませんでした。すべて白紙に戻していただきました。
(その後、そこのブリーダさんは衛生管理の面など、その他色々問題があり新聞にも何度か記事になっていました。)

部屋には新しいゲージ・水入れ・ステンレスのお皿が残されました。。

数日後、知り合いを通してぼたんと巡りあいました。


今、思えば・・早くお迎えしていたら もっともっと悲しくて辛かったと思います。
そして・・その子には縁がなく

ぼたんに出会うことが運命だったと・・・思いました。






スポンサーサイト
別窓 | ぼたんのお里 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<おでかけ | 愛犬と飼い主の時々日記 | まったり>>
コメント

コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック

トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 愛犬と飼い主の時々日記 |

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。